2001・夏    トイレのしつけ
 
生後2ヶ月で我が家に来たどんぐり、心配していたよりはすぐにトイレを覚えてくれました。
トイレシートは最初吸収剤の入ったタイプを使ってみましたが、噛んで遊んでしまって口の中が吸収剤だらけになりました。その後吸収剤なしのものにしましたが、今でも十分用は足りています。

おしっこの体勢に入るのを注意して見ていてトイレに連れて行き、トイレを教えましたが、それでもずいぶんいろいろなところにやられました。
特に、座布団や柔らかい敷物の上がどんぐりとしてはお気に入りのようでした。座布団5枚、玄関マットトイレ足マットが全滅です。
オジサンの布団、おねしょしたみたいになったこともありました。

叱るときは、叩きたい気持ちをグッと堪えて、現行犯のところを「ダメ」と厳しく、おしっこの海を指差して叱りました。
はじめは効果なしでも何度も叱られているうちにわかったらしく、叱られると「ごめんなさい」というように顔をなめてくるようになり、いまでもおしっこ以外で叱られたときにも顔をなめに来ます。
 

目次へ戻る